PTA講演会の人気講師なら道山ケイ<<小中学生の親向け>>

 

初めまして、
思春期の子育てアドバイザーの道山ケイです。
これからお伝えするお話は、
まぎれもない真実です。

 

  • なぜ、私が講演会を始めたのか?
  • 何の目的で行っているのか?
  • あなたに、どんな得があるのか?

 

がわかると思うので、
まずは読んでいただけるれば幸いです。

 

 

 

2014年3月に教師を辞めました

 

 

 

教員生活

私は2014年の3月まで、
公立中学校で教師をしていました。
非常勤講師や常勤講師ではありません。

 

 

きちんと教員採用試験を受けて、
正規で採用されました。

しかし、ある事情により辞めました。

 

 

なぜ私は、
安定した公務員を捨てたのか?

 

 

それは、教師をしている以上、
絶対に乗り越えられない壁を
見つけてしまった
からです。

 

 

私が働いていた学校は、
県内でもトップレベルに荒れていました。

 

  • 卒業式では特攻服を着た子どもがパレード
  • 毎時間、何名科の生徒が授業エスケープ
  • 1日数回、生徒と教師がつかみ合い
  • 非常階段でタバコが見つかるのは日常茶飯事
  • 不登校生徒は、常時各クラス2名以上

 

というまるでクローズzeroのような学校でした。
(現在は非常に落ち着いている素晴らしい学校です)

 

 

そのため、当時の私は、
子どもたちの問題行動を
解決しようと必死でした。

 

 

たくさんの本を読んだり、
問題行動解決のスペシャリストに会いに行って、
直接指導を受けたりしました。
その結果、悲しい現実を知ってしまいました。

 

 

それは、

 

  • 子どもたちが荒れる原因の8割は家庭にある
  • 学校の力だけでは、解決できない問題がある

 

ということです。

 

 

 

学級崩壊を経験しました

 

 

 

学級崩壊

こういった話を聞くと、
「道山先生、うちの子が不登校になっているのは、
親である私のせいですか?学校側にも
問題があるのではないでしょうか?」

 

 

と思われるかもしれません。
おっしゃる通りです。
学校側にも問題があります。
だから私は、

 

 

子どもが荒れる原因の「8割」は家庭にある

 

 

と書いたのです。
つまり、2割は学校にあります。
恥ずかしい話ですが、
私も教師時代にたくさんの失敗をしました。

 

 

私が間違った指導をしてしまったせいで、
生徒が、

 

  • 不登校になってしまった
  • 学校を信頼できなくなってしまった
  • 親との関係が悪くなってしまった
  • 勉強しなくなってしまった

 

こともたくさんあります。
担任をしていたらクラスが、
学級崩壊したこともあります。

 

 

今振り返ると、当時の生徒達には、
本当に申し訳ないことをしたと思っています。

 

 

だから、学校側に責任がないとは言いません。
当時の私のような「教師側のミス」によって、
子どもが荒れてしまうケースもあります。

 

 

ただ、その割合は全体の2割で、
8割は家庭に問題があるのです。

 

 

 

悪いのは親ではありません

 

 

 

悪い

「2割は学校にも責任がある。
ということはわかりました。
でも、8割は親に責任があるのですか。
私だって頑張って、
子どもに向き合ってきたんです」

 

 

ここまで読んで、
こう思われたかもしれません。
おっしゃる通りです。

 

 

私は現在
年間3000組の親子のサポートをしています。

 

 

毎日たくさんの相談に乗っているので、
子どもが荒れてしまった家庭のお父さんお母さんが、
これまで全力で子どもに向き合ってきたということは、
誰よりもわかっています。

 

 

つまり、悪いのは親ではないのです。

 

 

では子どもが荒れてしまうのは、
何が原因なのでしょうかか?
答えは、

 

 

「子どもが喜ぶ子育て法を学ぶ環境がない」

 

 

ことが問題なのです。
考えてみてください。
99%のお父さんお母さんは、
子育ての仕方を学ばずに親になっています。

 

 

子どもが生まれてから、
手探り状態で子どもに向き合っているのです。
そのため、子育てが上手くいかず、
子どもが荒れてしまうのは普通のことなのです。

 

 

 

安定した公務員をやめた本当の理由

 

 

 

退職願

実は私が教師をやめたのは、
この問題を解決したいと思ったからです。

 

 

つまり、
私が思春期の子育てアドバイザーとして、
日本中のお父さんお母さんに、
子どもが喜ぶ子育て法を伝えたいと思ったため、
安定した公務員である教師を辞めました。

 

 

あらかじめ、子どもが喜ぶ子育て法を
知った状態で子どもに向き合っていけば、
子どもが荒れて悩むことがなくなるからです。

 

 

こういった話をすると、
必ず来る質問があります。

 

 

「教師を続けながらではダメなのですか?」

 

 

確かに教師を続け流れでも、
子どもが喜ぶ子育て法を広めることは、
できるかもしれません。

 

 

ただ、とんでもなく時間がかかるのです。

 

 

考えてみてください。
もし私が教師を続けながら、
子どもが荒れているお父さんお母さんに、
こういったどう思われるでしょうか。

 

 

「お子さんが荒れているのは、
子育ての仕方を間違えているからです。
私が指導するのでやり方を変えましょう」

 

 

と。おそらく9割の方は、

 

 

「いやいや、先生の方が何とかしてくださいよ」

 

 

と言いますよね。
つまり、教師をしている以上、
日本中のお父さんお母さんに、
子どもが喜ぶ子育て法を伝えるのは、
時間がかかりすぎる
のです。

 

 

だから私は教師を辞めました。
そして思春期の子どもを持つお父さんお母さんに、
「子どもが喜ぶ子育て法」を伝える活動を
始めたのです。

 

 

 

不登校引きこもり大国ニッポン

 

 

 

引きこもり

教師は本当に楽しい仕事だったので、
直前まで辞めるかどうか悩みました。
親からも猛烈に反対されました。

 

 

ただ、今の日本を見てみてください。
毎年不登校の人数は増え続け
今や19.4万人になっています。
(平成29年度文部科学省調査)

 

 

また、引きこもりも年々増え、
61.3万人いると言われています。
(平成30年度内閣府調査)

 

 

それ以外にも、

  • 中高生のゲームスマホ依存者が推定93万人(2017年厚労省調査)
  • ニートの人数が71万人(2018年ヤフーニュース)

などの問題が起こっています。

 

 

最近の日本、少しおかしいですよね?

 

 

もちろん不登校、引きこもり、
ゲーム依存、ニートの方が、
すべて悪いというわけではありません。
ただ、本当は、

 

  • 学校に行きたい
  • 働いて社会に貢献したい
  • ゲームよりもやりたいことを見つけたい

 

と思っている子が、
こういった状態になってしまっているのは、
かなりマズイと思います。

 

 

このままの状態が続くと、
日本の生産性はどんどん下がっていき、
いずれ破綻することになるでしょう。

 

 

 

参加者0人の勉強会

 

 

 

参加者0人

そこで私は教師を辞めて、
思春期の子育てアドバイザーとなり、
子どもが喜ぶ子育て法を伝える活動を
始めました。

 

 

しかし、
これが想像以上に過酷な道のりでした。

 

 

どれだけ熱い想いがあっても、
最初は無名の元教師です。
だれも私の話を聞いてくれる人は
いませんでした。

 

 

教師をやめた3か月後の夏に、
勉強会を企画してみたのですが、
参加者は、、、0人。

 

 

さすがに私の親も、

 

 

「安定した公務員を辞めて、
あなたは何をしているの?」
「バカな夢なんて語らず、
もう一度学校の先生戻りなさい」

 

 

と言われました。
定期的に同僚の教師とも会っていたのですが、
みんなからも「将来大丈夫?」
心配ばかりされていました。

 

 

教師時代に貯めた貯金も、
どんどん底をつき始め、
このままだとアルバイト生活を
送らないといけない状況になりました。

 

 

「もう一度出直したほうが良いのか」
「この仕事は私がすべきことではないのか」

 

 

毎晩、こういったことばかり考えていました。
そんなある日、、、

 

 

 

奇跡が起こりました

 

 

 

発信

さすがにこれではマズイと思ったので、
試しに当時はやり始めていた、

 

  • ブログ
  • YouTube

 

などに私の教育理論や、
教師時代に学んだ子どもが喜ぶ子育て法を
発信してみた
のです。

 

 

今でこそ教師を辞めて、
こういった活動をしている人が他にもいますが、
当時は私以外誰もいませんでした。

 

 

それが功を奏し、
ブログやYouTubeを見てくれる方が、
右肩上がりで増えてきました。

 

 

そして、ブログやYouTubeに告知する形で、
翌年勉強会を企画したところ、
40名近い方が参加してくださったのです。

 

 

さらには、ブログを読んでくださった
PTA役員の方から依頼をいただいて
公立中学校で勉強会を開催
したり、

 

 

青森の公立中学校から連絡を頂き、
私の教育理論をPTA新聞に
載せていただくことができました。

 

 

そして今では、
勉強会を企画すると200名近くの方に
参加いただくことができています。

 

 

YouTubeのチャンネル登録者も2万人を超え、
メルマガを読んでくださっている方は2.5万人。
LINEで記事を読んでくださる方は3万人います。

 

 

毎日6万人ほどの方に、
子どもが喜ぶ子育て法を
伝えることができるようになった
のです。

 

 

子どもへの接し方を変えるだけで、

問題行動の8割は解決する

 

 

 

接し方

「道山先生の実績はわかりました。
ただ、本当に親の子どもへの接し方を
変えるだけで子どもは変わるのでしょうか」

 

 

もしかしたら、
こんな疑問を持たれてはいないでしょうか。
安心してください。
100%変わると断言できます!

 

 

実際に私がこれまでにサポートして、
子どもへの接し方を変えた結果、
子どもの問題行動が解決した方は、
数えきれないほどいます。

 

 

そういった方から頂いた、
成果報告の一部を紹介しましょう。

 

 

たとえば、お子さんが
不登校や昼夜逆転生活で悩んでいても、
子育て方法を変えるだけで、
簡単に解決できた方からの報告
です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは私がオンラインで、
子どもへの接し方を変えるサポートをする
プログラムに参加いただいた方からの報告です。

 

 

少し子どもへの向き合い方を変えるだけで、
不登校や昼夜逆転生活などの問題行動が解決する
というのがわかるのではないでしょうか。

 

 

上記の方は、紹介許可を得られ方のほんの一部です。
紹介できない方も含めると、
これまでに数千人の子どもの問題行動が
解決しています。

 

 

 

子どもが自ら勉強するようになり、

成績も急上昇!受験も楽に合格できる

 

 

 

自ら勉強

私がお伝えしている、
「子どもが喜ぶ子育て法」を実践すると、
スマホゲーム依存や不登校が解決する
だけではありません。

 

 

子どもが自ら勉強するようになり、
成績も急上昇します。

 

 

ちょっとした
勉強テクニックも実践していただくと、
次のテストからいきなり、

 

  • 5教科合計100点UP
  • 学年順位1桁獲得
  • 内申点オール5

 

みたいなことも普通に起こります。
その結果、高校受験も楽に合格できます。
実際にこういった結果が出た方からいただいた、
感想の一部を紹介しましょう。

 

 

1年間親子で受験に向き合い、超有名大学付属高等学校合格!

 

成果報告沢田さん

【某大学付属高校合格:沢田さん】

 

この度、娘が合格をしましたのでご報告します。
約一年前に先生のブログを読んで教材を購入し、

 

 

親子関係の作り方、勉強のやり方、その他
思春期の娘を持つ親として様々なことを学び、
実践してきました。

 

 

一年前は、正直高校に
合格できるレベルではありませんでしたが、
思い切って塾も個別に変え、家庭教師をやめて、
家では私がつきっきりで勉強を教えました。

 

 

私自身も勉強になりましたし、
高校受験を通して娘の人生の大きな分岐点に関われたこと、
そのためにこの1年を精一杯過ごせたことを嬉しく思います。
本当にありがとうございました。

 

沢田さんの合格通知書

 

愛情バロメータを上げて進学コースに合格!

 

成果報告滝野さん

【公立高校合格:滝野さん】

 

中学2年の春から、口を聞かなくなり、
イライラで暴言も強くなりました。

 

 

食事も一緒にとらず、
3年の春休みは食べられない時もあり、
子供との関わりがとれない状態になっていました。

 

 

そんな息子の対応に困っていたところ、
ネットで道山先生と出会いました。

 

 

不安で、藁をも掴む気持ちから、
2年の年末に思春期講座を受講し、
教材を申し込みました。

 

 

また、定期対策講座と受験講座も申し込み、
デイリースマイルサポートや、メルマガなど…
を読んで勉強させて頂きました。

 

 

子供が落ち着くなら
私が出来る事は何でもやろうと思いました。

 

 

まもなく3年の受験生になる時でしたので、
受験講座を読むと焦りましたが、
親子関係が良くなり子供の精神状態が落ち着くことが、
受験への近道だ!

 

 

と強く実感しましたので、
勉強のことは一切口にしないで、とにかく親子関係向上!
と毎日願い、努力致しました。

 

 

道山先生の音声や教材で励まされ、
とにかく子供が望む事をやるように心がけました。

 

 

・子供が好きな食事を出来るだけ作りました。
・動画やゲームをやっても黙って見守り、動画など…
は私も、調べたりもしました。

 

 

・部活動の顧問や担任の先生とは、
出来るだけ連絡を取りました。
スクールカウンセラーとも面談しました。

 

 

そこで、息子が学校ではこれまでと変わらず
過ごそうとしていた様子がわかりました。

 

 

・部活の大会日程も教えてくれないので、
顧問や友達に聞いてこっそり応援に行きました。

 

 

・部活の朝練習に遅れそうなときは送ってと言われるので、
毎日明るく『いいよ!』と送迎しました。

 

 

・機嫌が良いときに、
道山先生の受験講座で夏までに○○を
勉強した方が良いと書いてあったよ。
などとたまに話しました。

 

 

・本人が、夏休みに気分転換に旅行に行きたい!
と望みましたので、受験生で気が引けましたが、
とにかく親子関係が良くなればきっと勉強頑張れる!と信じて、
思いきって家族旅行にも行きました。

 

 

行っている最中からどんどん家族と話すようになり、
帰ってきたら、かなり笑うようにもなりました。

 

 

勉強の事は一切言わないで!黙っていてくれ!
とはっきり言うので、言いたいことを我慢して、
見守りつつ、食事作りを頑張りました。

 

 

・メルマガで、受験前日とお弁当作りで
合格20%アップのことが載っていましたので、
その通りの夕食とお弁当を作りました。

 

 

辛く、苦しい時、何度も涙した時もありましたが、
道山先生の講座やメルマガで励まされ、
苦しい反抗期と受験を乗り越えられました。
本当にありがとうございました。

 

 

滝野

 

滝野さんの合格通知書

 

正しい勉強法を取り入れ学年順位19UP!!

 

成果報告末吉さん

【中学3年生:末吉さん】

 

2年生になってから下降し続けた
成績がようやく上がりました。
過干渉をやめ、子供の肯定感を
上げることに気をつけていました。

 

 

動機付けやご褒美設定、ワークの丸付けや、
マッサージ、勉強の時の差し入れなどして
愛情バロメータを上げてきたつもりでしたが、成績が上がらず
不安になり、道山先生に相談したこともありました。

 

 

子供は、一人で勉強するのが無理なタイプ(精神的に幼い子)
自習室を使える塾を契約すると良いとのことで、
子供が塾に行きたいと言うタイミングで
契約し、塾に通うようになりました。

 

 

今までは、課題の進み具合とか
様子を見ていたのですが、
今回、子供に完全に任せようと思い、
何も言わずに見守っていました。

 

 

普段と変わらない様子での勉強に感じてましたが、
前より集中して勉強した結果なのか、
かなり成績が上がっていました。

 

 

3年生になり、今のままではいけないと感じた
子供の頑張りだったと思います。

 

 

なかなかスローペースで心配になる事が多いですが、
焦らず、愛情バロメーターを上げ、
志望校に合格できるようにサポートしていこうと思います

 

末吉

 

教材購入前⇒5教科合計282点、教材購入後⇒5教科合計299点

 

正しい勉強法を取り入れ学年順位19UP!!

 

成果報告新家さん

【公立高校普通科合格:石村さん】

 

入試まで2ヶ月を切ってから購入しました。
もっと早くに出会えていたらと、悔やみました。

 

 

成績も良くなく志望校を決めるのも、
私が話しかけても無視するか喧嘩腰に話すかで、
話にならない状態でした。

 

 

悩んでいたとき、
道山先生のホームページにたどり着き、
成績をあげる前に親子関係を修復する!という事で、
入試まで日がないので気になったのですが実践してみました。

 

 

すると、だんだんと子供がリビングに居る時間が長くなり、
テレビを見て会話が出来るようになりました。
志望校も自分で決めることが出来ました。

 

 

結局、入試まで勉強しなかったのですが、
気持ちを穏やかに入試を受ける事が出来ました。
もう一度教材を読み返し、
高校の勉強に役立てようと思っています。

 

 

本当にありがとうございました。

 

石村さんの合格通知書

 

教材購入後次のテストで、過去最高得点になりました!

 

成果報告菊地さん

【中学2年生:菊地さん】

 

小学生までは親のいう事は何でも聞いていた娘が
中学生になり全く親のいう事を聞かなくなり、
毎日親子喧嘩が絶えなくなってきました。

 

 

道山先生の教材購入後、メールで相談させて頂き、
私の考えとはほぼ真逆の答えが返ってきて、
良かれと思ってしていた事がなんて
過干渉な母親だったんだろうと気づかされました。

 

 

道山先生のアドバイス通り勉強の話は全くせず、
愛情バロメーターを上げる事を優先していたら
娘が自らテスト勉強をはじめだし、
成績も今までの中で最高点をとることができました。

 

 

私自信最初は歯がゆくてこんな事でいいのかと思いながら
半信半疑でしたが愛情バロメーターを上げる事により
娘との会話も増え親子喧嘩の回数も減ってきました。

 

 

これからは娘の考えを尊重し、
過干渉にならないように私自信も気をつけたいと思います。
ありがとうございました。

 

 

教材購入前⇒5教科の合計点372点、教材購入後⇒5教科の合計点444点

 

無事第一志望の高校に合格し、希望をもって毎日生活しています!

 

成果報告石田さん

【中学3年生:石田さん】

 

 

道山先生、
ご無沙汰しております。石田です。
色々近況もお伝えしたいと思いまして
ご連絡が遅くなりました。

 

 

先生と初めてお会いしてから、
自分の子育てが自分本意という事に少しずつ気付く事ができ、

 

 

先生と何度もメールでやり取りさせて頂きながら、
息子への過干渉に気付く事ができ、
少しずつ関係性もよくなってきました。

 

 

息子にはどうしても手をかけ過ぎてしまう事が多かった私。
でも関わり方を間違えても、
気長にアドバイスをしてくださる道山先生がいらっしゃらなかったら、
今の私たちは想像もできませんでした。

 

 

卒業式は担任の先生とも握手で写真を撮る事もでき、
私とも笑顔で写真を撮る事もでき、
卒業式後には2人でお祝いをしようと、
ちょっとリッチな天ぷら屋さんに行き2人で色んな会話も出来ました。

 

 

卒業後の息子は穏やかになり、
私に色々やってほしい事を言ってくれるようになりました。
2人で出かける事も多くなりました。

 

 

とても手厚い環境の中で学べる事もあり、
息子も高校生活をとても楽しみにしていました。
春休みも田舎に行きリフレッシュしたりと有意義な時間を過ごし、
入学式も楽しみにしていました。

 

 

高校生活にとても希望を持っています。
通学に時間がかかりますが、文句も言わず朝もちゃんと起きてくれます。
私自身も穏やかに接する事が出来るようになったので、
お互い鏡のような存在なのでしょう。

 

 

夕食時は、息子の好きな話で盛り上がったり、
お笑いのテレビをみて一緒に目を合わせて笑う事ができたり、、、

 

 

とても今子育てが楽しくなってきました。
そしてこれからの成長を木の上から見守る心境で(親という漢字)いる事ができます。
今はまだ仮入部ですが、サッカー部にも入部し楽しく頑張っています。
お友達も早速でき、駅前で待ち合わせして一緒に行っているようです。

 

 

これから色んな壁は出てくると思いますが、
高校生活をキラキラした3年間にしてもらいたいと思いますし、
先生とのメールのやり取りをたまに読み返して頑張っていこうと思います。

 

 

今度は娘の件でお世話になるかもしれませんが、
またセミナーなど参加させて頂きたいと思います。
今後もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

石田さんの合格通知

 

推薦入試で合格した後、特進コースにも合格しました!

 

成果報告吉田さん

【公立高校普通科合格:吉田さん】

 

道山先生のメール講座を
拝読させていただいて2年以上になります。

 

 

毎日たくさんのお話を拝読して、
私は自分にもできそうな
”愛情バロメーターを上げる事”に徹しました。

 

 

週に一度、ウォーキングをして娘の愚痴を聞いたり、
2人で横浜までスイーツを食べに行ったり、
娘の好きなアイドルのDVDを見たり、
受験生とは思えないくらい一緒に息抜きをたくさんしました。

 

 

それでも時には反抗的な態度をする事もありました。
私もついイライラしてしまいましたが、
そんな時は深呼吸をして道山先生のメルマガを読み返しました。

 

 

そして何があってもお父さんとお母さんは
娘が進みたいと思う人生を全力で応援するよと、
道山先生の言葉を借りて伝えました。

 

 

その結果、学校での出来事や成績のことなど
何でも話してくれるようになり、進路の事もたくさん話し合い、
娘が希望する時は高校説明会にも何度も足を運びました。

 

 

最初は志望校にとても合格できるような学力ではありませんでした。
でもちょっとした言葉かけや態度を意識して
”道山流”を取り入れていくうちに 娘のヤル気も上がり、
志望校に合格する事ができました。

 

 

道山先生からのメルマガが私の心のささえでした。
悩んだ時困った時、それに沿った内容のメルマガを検索して
読み返したりして乗り越える事ができたので、
娘を支える事ができたのだと思います。

 

 

本当にありがとうございました。

 

吉田

 

吉田さんの合格通知書

 

 

この方たちは、
子どもが喜ぶ子育て法を実践しながら、
私が教師時代に伝えていた、
定期テスト対策法や受験対策法を
実践してくださった方
です。

 

 

オンラインで、
成績を上げるサポートを行うプログラムもあり、
そちらに参加してくださった方から
頂いた報告になります。

 

 

これらも紹介許可を得られた方の一部で、
同じように数千人以上の方の成績が上がったり、
受験が成功した
りしています。

 

 

はっきり言います。

 

 

子どもが喜ぶ子育て法を実践すれば、
親が何も言わなくても子どもは勝手に勉強するようになります。
その結果、成績を上がるのはもちろん、
受験も半自動的に成功してしまうのです。

 

 

これまでに1万人以上のお父さんお母さんに

子どもが喜ぶ子育て法を伝えてきました

 

 

 

教員生活

大事なことなので繰り返します。
お父さんお母さんが、
子どもの喜ぶ子育て法を実践すれば、

 

  • 不登校やスマホゲーム依存が解決
  • 反抗期が落ち着き家族が仲良くなる
  • 自ら勉強を始め成績が急上昇
  • 受験は半自動的に合格

 

できるのです。
私は教師を辞めた2014年から
これまでの間に、
1万組以上の親子のサポートをしてきました。

 

 

その結果、お伝えしたことをきちんと
実践してくださった方のお子さんは、
間違いなく変化しているのです。

 

 

せっかくなので、
私がこれまでにどんな活動をしてきたのか、
簡単にお伝えさせていただきます。

 

 

改めまして、
思春期の子育てアドバイザーの
道山ケイです。

 

 

現在行っている活動の一部を紹介します

 

年間10回の頻度で東京や大阪など全国で勉強会を開催

 

 

公立の小中学校でPTA向けに講演を開催

 

子どもたちに夢を持たせるきっかけを作る夢プロをHISと共同で開催

 

 

不登校解決の第一人者である伊藤幸弘先生、80万部の大ベストセラー「子どもへのまなざし」の著者佐々木正美先生などとも講演

 

 

また、私の活動に共感してくださった、

出版社の方からお声掛けいただき、
2020年3月に書籍も出版しました。

 

 

めでたくAmazonで1位も獲得し、
ベストセラー作家と呼ばれるようにもなりました。

 

 

さらには、本を購入したり、
講演会に参加したりすることができない方向けに、
思春期の子育て小冊子を作りました。

 

 

こちらは、これまでに私が開催した
勉強会に参加いただいた方からの参加費などで、
印刷費を賄っています(つまり、無料で配っています)。

 

 

ありがたいことに、
これまでにたくさんの小中学校や学習塾から、
依頼を頂きました。

 

 

のちほど、配布した地域を紹介しますが、
これまでに6万世帯以上の方に、
読んでいただいています。

 

 

地域の子どもたちの未来を明るくしたい!

でも、誰に講演を依頼したらわからない…

と悩んでいませんか?

 

 

 

悩み事

 

 

このページを
読んでくださっているあなたは、
近々講演会を企画したい
と思われていると思います。

 

 

また、ただの講演会ではなく、

 

  • 地域の子どもたちの未来が明るくなる
  • 自分の子どもの未来も明るくなる
  • 同じように子育てで悩んでいる親の力になる
  • 地域の学校全体が落ち着いて学力が上がる

 

ような講演会を
企画したいと思っているのでは、
ないでしょうか?

 

 

もしこういった熱い想いを
持っている方であれば、
その想い、私に託してはいただけないでしょうか。

 

 

どの講演者よりも、
あなたの想いに応えられる自信と実績があります。

 

 

子どもが喜ぶ子育て法が100分で学べる

「思春期の子育て講演会」

を全国で開催しています

 

 

 

勉強会

現在私は、

 

  • 教育関係の企業
  • PTA連合団体
  • 小中学校
  • 青年会議所
  • 女性ネットワーク
  • 男女共同参画推進センター

 

などから依頼を頂き、
思春期の子どもをもつお父様お母様向けに、
子どもが喜ぶ子育て法を伝える
講演会を行っています。

 

 

題して「思春期の子育て講演会」です。

 

 

私がこれまでに、
のべ1万組以上の親子の子育てを
サポートしてわかったエッセンスを、
約100分に凝縮してお伝えするものです。

 

 

ありがたいことに、
これまでに3000人以上の方が参加してくださり、
参加者の98%が満足してくれています。

 

 

「98%?どうせ、適当な数字でしょ?」

 

 

と思われたかもしれません。
安心してください。
この数字にウソ偽りはありません。

 

 

私は講演会のたびにアンケートを取っていて、
その結果から計算して出した数字
だからです。
(講演会の満足度を100点満点で記載していただき、
80点以上の評価をくださった方を満足として計算しています)

 

 

その証拠に、実際に頂いた感想の一部を
紹介させていただきます。

 







 

こういったアンケートを、
これまでに3000枚以上頂いています。

 

 

ちなみに、
私のメルマガ読者の方だけのデータではなく、
初めて私のことを知った方向けの講演でも、
同じ数字が出ています。

 

 

さらには、講演会は、
公的な機関や教育機関でしか、
行っていません。たとえば、

 

  • 横浜市戸塚区のPTA連絡協議会向け(約500名参加)
  • 大阪府PTA協議会向け(約300名参加)
  • 広島県三次市PTA連絡協議会向け(約300名参加)
  • 茨城県木更津市PTA連絡協議会向け(約200名参加)

 

などです。

 

 

 

 

 

上記の機関以外にも、
数えきれないほどの学校や組織で、
講演させていただいています。

 

 

教師向けではありませんが、

学校や塾を否定することはしません

 

 

 

学校

「実績はわかりました。
でもどんなお話をしているのでしょうか。
地域の学校や塾を否定したりするような、
お話をしていないでしょうか」

 

 

もしかしたらこんな疑問を、
お持ちではないでしょうか。

 

 

その不安、すごくわかります。
講演会に学校の先生も参加されるのに、
学校の批判などされたら困りますからね。

 

 

安心してください。

 

 

私は元中学校教師です。
悪いことをして教師をやめたわけでもないですし、
今でも学校のことを愛していて、
いつかもう一度教師もやりたいと思っています。

 

 

また、学生時代には、
学習塾でアルバイトもしていましたし、
一緒に仕事をしている家庭教師、
塾講師もたくさんいます。

 

 

つまり、
学校や塾を否定するなんてもってのほか。
私の教育理論は、

 

  • お父さんお母さんや祖父母などの家庭
  • 学校や児童相談所などの行政機関
  • 塾やフリースクールなどの第三者機関

 

連携することによって、
初めて子どもが良くなるという考え方
です。

 

 

実際に私の講演会には、
小中学校の校長先生や教育委員会の方、
学習塾の先生やフリースクールの校長なども
たくさん参加されています。

 

 

手前味噌ですが、その方たちからも、
「私が言いたいけど立場上言えない
大事な話をしてくれてありがとう」
と感謝されています。

 

 

この講演会で話している内容とは!?

 

 

 

では、どんな話をしているのか。
思春期の子育て講演会では、
主に7つの内容をお話ししています。

 

不登校、スマホゲーム依存、親への激しい反抗や暴言・暴力…子どもが問題行動を起こす心理メカニズムを全て解明

子どもが問題行動を起こすのには、明確な原因があります。この原因をきちんと理解し、ステップバイステップで対処していかないと子どもの問題行動は解決しません。反抗期の子ども特有の心理状態を解明し、思春期の子どもが親に子どもが求める接し方を全てお伝えします。この心理メカニズムさえわかれば、今後あなたが子どもと無駄にぶつかることはなくなります。その結果、毎日言い争う地獄の日々から、サザエさんのような笑顔あふれる楽しい家庭に生まれ変わります!

 

 

将来の幸せよりも、今の楽しさを優先する、大人には理解不能な「思春期の子どもの脳みそ」の中を完全解説

今頑張って勉強すれば、将来楽できるのに…という言葉は、思春期の子どもに全く響きません。それは、思春期の子ども特有の心理状態があるからです。勉強会では、思春期の子どもが日ごろ何に興味を持ち、どういったルールで行動しているかを細かく解説します。子どもの脳みその中が理解できるようになるので、あなたは子どもの行動にイライラすることが無くなります!子どもの失敗や行動を許せるようになるので、今よりさらに良好な親子関係になってくるでしょう。

 

 

最短最速で親子関係を良好にし、子どもから信頼される親になる5つのアプローチテクニック

勉強しない、スマホゲーム依存、激しい反抗期などの問題行動は、全て親子関係をを良好にすることで改善できます。ただ今のお父さんお母さんたちは、毎日忙しいです。子どもに手間をかけている時間がありません。そこでこの勉強会では、最も効率よく親子関係を良好にする5つのアプローチテクニックをお伝えします。このテクニックをマスターすると、時短子育てができるようになります。時間がない「ひとり親家庭や共働き世帯」でも、子どもに満足する愛情を注ぐことができるようになります。その結果、今よりさらに子どもの表情が明るくなり、問題行動もグングン改善していきます!

 

 

お子どもが喜ぶ共感会話テクニック…この方法を使うと、毎日子どもの方からあなたに話しかけてくるようになります

思春期の子どもというのは、親と話をするのを避けたがります。多くの方は、「これは思春期の子ども特有の現象だから仕方ない」と考えます。これは大きな間違いです。子どもが喜ぶ共感会話テクニックを実践すれば、お子さんは毎日あなたと話をする時間が楽しみになります!その結果、お子さんは今までの3倍あなたに話しかけてくるようになります。この勉強会では、参加者全員がこのテクニックを使えるところまで、手取り足取りサポートします。

 

 

お互いの子育てを支えあう日本トップレベルの子育てチームを結成ー地元では出会えない向上心のあるママ友パパ友を最低1人獲得ー

つい子どもにイライラをぶつけてしまう?それはあなたが普段の生活でたまったストレスを軽減できていないのが原因です。愚痴や不平不満を一切言わず、あなたの子育てをサポートしてくれる最高のママ友パパ友が1名いるだけで、あなたの子育ては劇的に楽しくなります!勉強会に参加いただければ、最低でも1名向上心のあるママ友パパ友を獲得できるので、思春期の子育てチームを作ることができます。今後半永久的に、お互いの悩みを聞きあい、相談しあうことで、子育てのストレスは大きく軽減するでしょう。その結果、お子さんともさらに良好な関係が構築できるはずです。

 

 

半自動的に子どもが勉強を始める心理誘導テクニック・・・一度マスターするともう子どもが勉強しないという悩みはなくなります

子どもを勉強させるために大事なこと…それは子どもが思わず勉強せずにはいられなくなる「強烈な動機付け」と子どもが「勉強をやめられなくなるサポート」を行うことです!勉強会では、参加者全員がこの心理誘導テクニックを実践できるようにします。その結果、二度と子どもが勉強しないと悩むことはなくなります。次のテストから右肩上がりで成績も上がり、高校受験も合格できるでしょう。

 

 

子どもの言動にイライラし、手が出る衝動を7分で沈める思考法ー秘密のワークを行うことことで、子どもへの怒りが一瞬でなくなりますー

お子さんが言うことを聞かなかったり、親に暴言を吐いたりすると、イライラしますよね?あまりに酷い言葉を言われると「こんな子生まなきゃよかった」と思い、手を出したくなることもあるでしょう。勉強会では、そういった子どもに対する怒りを7分間でリセットさせます。勉強会が終わるころには、「この子を産んで本当に良かった」「もう一度子育てを頑張ろう」という気持ちになれると思います。子どもと殴り合いのけんかをし、お互いに大怪我をして警察沙汰になる前に実践してください。

 

もちろん主催者様の依頼や
参加者の状況によって、
内容を若干変えることもあります。

 

 

また、時間の関係で全てお話しできない時は、
別途資料にしてお渡しすることもあります。

 

 

ただ私のこれまでの経験上、
この7つは思春期の子どもを持つ親にとって、
100%役立つと断言できる内容なので、
できる限りお伝えしています。

 

 

子どもから愛されるようになります

 

 

 

良好な親子関係

子どもが喜ぶ子育て法が100分で学べる
「思春期の子育て講演会」に参加すれば、
私のメルマガ読者の方と同じように、
高確率で、

 

  • 不登校やスマホ依存が解決
  • 定期テストの点数が100点以上UP
  • 何も言わなくても志望校に合格

 

できるようになります。
ただ、これらの結果というのは、
そこまで大きなメリットではありません。

 

 

実はこれら以上に、
大きなメリットを得られるのが、
思春期の子育て講演会なのです。
それは、、、

 

 

「子どもから愛されるようになる」

 

 

ことです。
大好きなお子さんから愛され、
困ったときは何でも相談できる
最高の親子関係を作ることができるのです。

 

 

その結果、二度と、
子育てにイライラすることがなくなります。
子どものことで、旦那さんや奥さんと
もめる必要もなくなるのです。

 

 

子どもの未来が明るくなるのはもちろん、
あなたや参加者自身の生活も、
さらに楽しくなるのです。

 

 

 

満足度98%、睡眠率1%以下の理由

 

 

 

評価

私の講演会の満足度は98%です。
これまでにたくさんの機関や、
日本全国で行ってきましたが、
必ず96〜100%の間に落ち着きます。

 

 

なぜ、ここまで高い数字を
叩き出すことができるのか。

 

 

「上に書いたようなメリットがあるから」
というものあるのですが、
実は3つのカラクリがあります。

 

 

本当は隠しておきたいことなのですが、
この手紙だけでこっそり紹介しましょう。

 

30回以上、講演内容を修正

評価

思春期の子育て講演会(勉強会)は、

2016年の2月から始めました。
そして、毎回アンケートをとっています。
アンケートの中で、

 

  • 勉強になった内容
  • もっと聞きたかった内容

 

などを書いていただき、
そのデータをもとに、

 

  • 役立たなかった内容のカット
  • もっと聞きたかった内容の追加

 

を行ってきました。
これまでに修正した回数は30回以上です。
そして、現在も修正は繰り返しています。

 

その結果、どんな場所で誰に対しても
満足いただける内容に進化したのです。

 

日本初!体験型の子育て講演会

評価

子育ての話をしている講演者はたくさんいます。

私よりも実績のある先生はたくさんいるでしょう。
ただ、有名な教育者のの多くは、
話をするだけのスタイルだと思います。

 

芸人レベルの面白い話ができれば、
話術だけでも満足させられるかもしれません。
以前私も「林修先生」の講演を聞きに行きましたが、
話術に圧倒されました。

 

ただ、こういった素晴らしい講演ができる方は、
ほんの一握りだと思いますし、
予算も数百万するでしょう。

 

恥ずかしい話、私には林修先生ほどの
切れ味抜群トークはできません。
(もしその力があったら芸能人になっています)

 

そこで考えたのが、
体験型の講演会です。
つまり、ただ話を聞くだけではなく、
その場で、

 

  • 紙に書く
  • 声に出す
  • チームで実践する

 

などを行うのです。

 

 

すると、どういった変化起こったのか。
まず、講演会の最中に寝る人がいなくなりました(笑)

 

というか寝る時間がないのです。
実際にあるPTA会長さんから、
こんな言葉を頂いたことがあります。

 

「私はこれまで8年間講演会を主催してきましたが、
ここまで参加者が寝なかったのは初めてです」

 

また、多くの参加者から、

 

「ただ話を聞くだけでなく、
その場で実践したことによって、
楽しく講演を聞くことができました」

 

「時間が過ぎるのがあっという間でした」

 

「家に帰ってすぐに実践できそうです」

 

という言葉を頂いています。
私には、林先生ほどのトーク力はありません。

 

ただ、体験型の講演会にしたことで、
林先生と同じ、もしくはそれ以上に満足していただける
講演会を行うことができるのです。

 

おそらくこういった体験型の講演会を、
子育てというジャンルで行っているのは、
日本で唯一私だけだと思います。

 

 

1万組の方に実践していただき、効果のあったテクニックのみ紹介

評価

講演会でお話しする内容は、

私が考えたものではありません。

 

実際に、これまで私がサポートしてきた、
1万人以上のお父さんお母さんに実践していただき、
効果のあったテクニック
だけをまとめて、
お話ししています。

 

つまり、よくある、
「子育て本に書いてあるの投げ売り」
ではないのです。

 

1万人のお父さんやお母さんが
上手くいった方法なので、
再現性がものすごく高いのです。

 

おそらく、これまでに1万組以上の親子を
サポートした人ってほとんどいないと思います。
(私もインターネットがあったからこそ実現できました)

 

あるお母さんが、
「私が上手くいった方法を紹介します」
と言って話してくださる成功談とは、
再現確率が数倍違うのです。

 

また、私は元教師です。
教師時代にも1000名以上の子どもと、
直接ぶつかってきました。

 

そういった経験談からわかった話も
お話ししているため、
誰が実践しても高確率で上手くいく
方法をお伝えできている
のだと思います。

 

 

 

なんだか高そう、、、予算足りるかな?

 

 

 

予算

ここまでの話を読むと、
「そんなに実績がある先生なら、
講演料も高いですよね。
うちはそこまで予算がないのですが…」

 

 

と思われたかもしれません。

 

 

安心してください。
この講演会を行っている目的は、
「カネ儲け」ではありません。

 

 

教師時代にできなかった、
「子どもが喜ぶ子育て法」を日本中に広め、
子どもたちの未来、そして日本の未来を
明るくするために行っています。

 

 

とはいえ、
私にも生活があります。
すべての講演会を無料で行っていては、
いずれ破綻してしまいます。

 

 

そのため、
定期的に私のメルマガ読者向けに、
有料の勉強会も行っています。

 

 

この時はきちんと参加費を頂いています。

 

 

大体私が自分で主催する場合は、
参加費は1〜2万円です。
参加者は100〜200名ほどです。

 

 

つまり、1回講演をすると、
100〜200万円くらいの売り上げが上がります。
こういった数字から考えると、

 

 

私の講演料は200万円です!

 

 

というのが妥当な金額だと思います。
名前は言えませんが、
実際に100万円レベルの費用を払って、
講演を依頼してくださった企業さんもいます。

 

 

ただこのページを見ているあなたは、
おそらくそこまでの予算はないと思います。

 

 

そこで、講演料は「自由」にしています。

 

 

つまり、あなたの組織の予算に合わせて、
講演をさせていただきます。

 

 

予算がたくさんあれば、
それだけ頂けたら嬉しいですし、
予算が少なければ、予算内でいただければ大丈夫です。

 

 

ちなみに、過去には、
1講演5000円(交通費込み)で
行ったこともあります。

 

 

交通費を考えると、
完全に赤字です(笑)

 

 

ただ、担当者の方の熱意がすごかったので、
私は何とか応えたいという気持ちでお受けしました。

 

 

 

予算自由…代わりにお願いがあります!

 

 

 

お願い

予算はいくらでも構いません。
「1万円でお願いします」と言われれば、
1万円で開催することも可能です。

 

 

ただし、いくつか条件があります。

 

 

というのも、
ありがたいことに現在たくさんの組織から、
講演の依頼を頂いています。

 

 

私の体は1つしかないため、
すべての依頼に応えることはできません。
そこで、以下の条件を満たしてくださる組織のみ、
「予算自由」で行わせていただきます。

 

条件@会場の準備

私の講演会は、
スクリーンとプロジェクターを使用します。
そこでスクリーンもしくがある会場の準備を
お願いできると助かります。

 

※プロジェクターは持参可能です。

 

また、当日は私一人で行くので、
受付や会場の椅子の準備などもそちらでお願いします。

 

条件A事前打ち合わせ

現在私は、毎日たくさんの読者の相談に乗っています。
そこで、事前打ち合わせに伺う時間がありません。

 

こういった理由から、
事前打ち合わせは電話orメールorZOOMでお願いしています。

 

条件B参加人数と実施場所※重要※

この講演会の目的は、
たくさんの方に「子どもが喜ぶ子育て法」を
広めることです。

 

そこで、
一度にたくさんの方に伝えられることが
絶対条件
となります。以下がその条件です。

 

  • 参加者200名未満:基本的にはお断りしております
  • 参加者200名以上500名未満:東海道・山陽新幹線の主要駅(東京駅〜広島駅間)から、

    1時間以内で行ける場所のみ可能です。

  • 参加者500名以上:どんな場所でも引き受けさせていただいております。

 

一つの学校や組織だけで、
集めるのが難しいという場合は、
近隣の学校と合同で主催していただく形となります。

 

条件C会場入りの時間

上にも書いたように、
私は毎日たくさんの方の相談に乗っています。
日々、カツカツのスケジュールで動いています。

 

そのため、会場には入れるのは、
講演の1時間前が基本になります。

 

※もちろん、準備の関係で
1時間前だとプロジェクターの設定が間に合わない
という場合は、もう少し前に入ることも可能です。

 

また、移動も当日の朝に新幹線で行く形になります。

 

※当日入りでは間に合わない場所は、前日入りも可能。
※台風が迫っていて、当日の朝新幹線が動くかわからないという場合は前日入りも可能。

 

今まで一度も起きたことはないですが、
当日の朝何かのトラブルで新幹線が停まり、
行けなくなることも0ではない、ということを
ご理解いただく形になります。

 

(事務所がある愛知県名古屋市の近場であれば、急遽車で向かいます)

 

条件DPR

私のメルマガやLINEを使えば、
おそらくすぐに100名以上の参加者が集まります。
ただ、それをしてしまうと、
講演会を行っている一番の目的である、

 

「子どもが喜ぶ子育て法をたくさんの方に広める」

 

ことができなくなってしまいます。
(メルマガ読者の方には、すでにメルマガで伝えているので)

 

そういった理由から、
参加者をこちらで募集するということは行いません。
あくまでも主催者側で集めていただく形となります。

 

条件E支払先

交通費等の支払先は私のサポート会社である、
株式会社Adventure Life宛になります。
※税金も会社から支払いをしますので、
税込みで支払いをしていただく形になります。

 

振込方法、支払いのタイミングはいつでもOKですが、
個人宛での支払いはお受けできません。
※領収書の発行も可能です。

 

条件F講演内容

普段私がメルマガ読者向けに
有料で行っている勉強会では、
思春期の子育て講演会の内容以外にも、

 

  • 高校受験対策
  • 定期テスト対策

 

なども行っています。
ただ、外部から依頼されて行う講演会は、
「思春期の子育て講演会」のみにしています。

 

多少アレンジすることは可能ですが、
(子どもの才能を伸ばす話を入れてほしいなど)
大きな流れを変えることは難しいです。

 

また、内容が思春期の子育て法なので、
「子どもがいるお父さんお母さん向け」
の講演会
になります。

 

  • 学校の先生向け
  • 塾やフリースクールの先生向け

 

は行っておりません。
※メインの参加者が保護者であれば、
一緒に参加いただく形は大丈夫です。

 

この7つが勉強会を開催する条件となります。
少し多くてすみません。

 

 

あくまでも「子どもが喜ぶ子育て法」を
日本中に広めることが目的の講演会なので、
ご理解頂ければ幸いです。

 

 

なお、上にも書いたように、
現在私が自社で講演会を行う場合、
1回の売り上げが100万円〜200万円になります。

 

 

そこで、もし、

 

  • 思春期の子育て講演会以外の内容でお願いしたい
  • 人数を集めるのは無理だけど予算は膨大にある

 

という場合は、
1講演50万円+交通費であれば、
7つの条件は無視してお受けします。

ただしこの場合も、

 

  • 企画会社(反社会的勢力関係はお断りしています)
  • 講演趣旨(学校や塾を否定する内容はお断りしています)

 

などは吟味しますので、
一度お問い合わせいただければと思います。

 

 

あなたの手間を最小限にします

 

 

 

問い合わせ

さて、予算フリーとはいえ、
いろいろと条件をつけてしまいすみません。

 

 

もちろんこれはある程度の基準なので、
多少満たせない場合でも大丈夫です。
たとえば、

 

  • 200名以上を見込んで500名の会場を押さえたけど、

    たまたまインフルエンザの時期と重なって、参加者が150名しか集まらなかった。

  • 100分の時間を取りたいけど、どうしても会場の都合で70分しか取れない。
  • 新幹線の主要駅から1時間以内と書いてあるけど、1時間10分くらいかかる

 

みたいなこともあると思います。
そのあたりは私も柔軟に対応しますので、
一度相談していただけると嬉しいです。

 

 

さて、いろいろと条件をつけてしまった代わりに、
私もできる限りあなたの手間を取らせないために、
以下の3つのサポートをしたいと思います。

 

 

この部分を私や私のサポート会社が代行することで、
あなたの手間はかなり軽減されると思います。

 

 

サポート@ レジュメの準備

レジュメ

企画者にとって一番の手間は、レジュメの作成です。

参加人数が増えれば増えるほど、
印刷費用も増えてしまうと思います。

 

安心してください。

 

もし私に講演を依頼される場合は、
レジュメは全てこちらで用意します。

 

また、印刷費もいただきません。
(講演料の一部と考えていますので)

 

つまり、あなたは講演会までに、
私が送るレジュメを受け取って、
当日参加者に配布するだけで済むのです。
これでかなりの手間が省けると思います。

 

サポートA チラシの作成

チラシ

講演会を主催するとき、

意外と手間がかかるのが募集チラシの作成です。
しっかりと作りこもうと思うと、
プロのデザイナーに頼まないといけないからです。

 

安心してください。
実は、そのまま配るだけで、
たくさんの参加者が集まるチラシがあります。

 

もし希望される場合は、
このチラシをうちの会社で用意して、
(学校名や組織名などはこちらで修正します)
お送りすることも可能です。

 

また予算が足りなければ、
こちらで印刷して送ることも可能です。

 

つまり、あなたは私から届くチラシを、
学校などに配っていただくだけで、
参加者を集めることができるのです。

 

サポートB 講演会の企画支援

私はこれまでに、
数えきれないほどの講演会を行ってきました。
PTA役員の方から依頼されたもの以外にも、
自社で行った講演もたくさんあります。

 

つまり、私や私のサポート会社は、
講演会を主催、運営するプロです。
そこで、もしあなたが、

 

  • 初めて講演会を主催する
  • 上手く運営できるかわからない
  • プロジェクターなどの設定もできない

 

などあれば、
私が直接サポートさせていただきます。
当日までに行うやり取りの中で、
わからないことは何でも聞いてください。

 

  • 参加者の満足度が上がる講演会スケジュール
  • 必要な備品やスタッフ
  • 当日参加者に配ったほうが良いもの
  • スムーズに運営できる机やいすの配置
  • 余った予算の使い方や経費を削る方法

 

などアドバイスさせていただきます。

 

いろいろと条件をつけてしまうお詫びとして、
できるだけこういったサポートはしますので、
一緒に素敵な講演会にしましょう。

 

 

 

 

オンライン講演会にも対応します!

 

 

 

 

問い合わせ

最近は、新型ウイルスの関係で、

大人数で集まった講演会を行うことは、
なかなか難しい状況です。

 

 

ただ、地域の子どもたちの明るい未来を考えると、
講演会を主宰したいというPTA役員の方も
多いでしょう。

 

 

そこで、ご希望があれば、
ZOOMを使ったオンライン講演会も
実施させていただきます。

ZOOMであれば、

 

 

  • 会場の準備をする必要なし
  • 自宅でスマホ一台で受講できるため感染リスクなし
  • 募集は学校、地域の教育委員会のホームページやメーリングリストで可能

 

 

なので、安心して企画できるからです。
また、私自身も交通費がかからないので、
これまでは距離の関係で大人数を集めてもらわないと
行けなかった場所でも行うことができます。

 

 

そういった理由から、
ZOOMを使ったオンライン講演会の場合は、
100名以上から実施させていただきます。

 

 

ただし、私の講演会の醍醐味である、
体験型セッションが入れられなくなるため、
若干満足度が下がるかと思います。
その点はご了承ください。

 

 

できるだけ、ZOOMのチャット機能を使った、
体験型ワークを入れる形で代用
させていただきます。

 

 

あと、ZOOMの使い方がわからないとか、
当日どういった流れで進めればいいかわからないなど、
不安なことがあれば、
弊社スタッフがサポートさせていただきます。

 

 

なお、私自身これまでに、
自社でZOOMを使ったオンライン講演会を
参加者200名で行いましたが、
満足度はこれまでとほとんど変わりません
でした。

 

 

受けられない

私は講演のプロなので、

ただ話をするだけではなく、
ZOOMアプリならではの、

 

  • グッドボタン
  • チャット
  • ブレイクアウトルーム

 

などを使ったことにより、
この結果が出たのだと思います。
zoomだから失敗するということは、
ほとんどないかと思います。

 

 

 

講演依頼を受けられない可能性があります

 

 

 

受けられない

改めまして、
ここまで長い手紙を読んでいただき、
本当にありがとうございました。
もし、

 

 

「道山に講演を依頼したい」
「道山と一緒に地域の子どもたちの未来を明るくしたい」

 

 

と少しでも思ってくださったなら、
これほど嬉しいことはありません。
私も全力で講演しますので、
是非一緒に地域の子どもたちの未来を明るくしましょう。

 

 

ただ、上にも書いたように、
私の体は1つしかありません。
また、自分の仕事である、

 

  • 書籍やメルマガの執筆活動
  • 勉強や受験に関する勉強会
  • YouTube動画の撮影
  • 全国のメルマガ読者のサポート

 

などもあるため、
すべての依頼を受けることができない状態です。
そこで、講演会は審査制とさせていただいています。

 

 

まずは申し込みフォームから、
講演会の実施予定日や道山に依頼したい理由などを
まとめて送って頂ければと思います。

 

 

それを元にこちらで審査をして、
5日以内に講演が可能かどうか連絡をします。

 

 

 

年間10回が限界です

 

 

 

お断り

また、この講演会は利益目的で行っていません。
もちろん予算内で講演料は頂いていますが、
いただいた費用の多くは、上に書いた
「思春期の子育て小冊子」の印刷費に回しています。

 

 

そのため、受けられる数も限界があります。
現状、年間10組が限界です。

 

 

そこで、この件数を超えたタイミングで、
どれだけ良い条件であっても、お断りしています。

 

 

もしどの先生に頼もうか悩まれていて、
私がその候補の中の人だとしたら、
まずは問い合わせだけでもしていただけばと思います。

 

 

日程を借り押さえすることも可能ですので、
10組に達して受けられなくなってしまう前に、
連絡を頂ければ幸いです。私としてもできる限り、

 

  • たくさんの方に思春期の子育て理論を伝えられる
  • 子どもたちの未来を明るくしたいという強い想いがある
  • 早い時期から依頼してくださる

 

ところで講演したいと思っていますので、
10組に達してしまう前に、
早めに連絡を頂ければ幸いです。

 

フォーム

 

※10組に達し次第、自動的にキャンセル待ちフォームが開きます。

 

 

正直に言います、、、

1つだけ私に依頼するデメリットがあります

 

 

 

デメリット

さて、ここまで読んで、
こう思われてはいないでしょうか。

 

 

「なんかいいことばかり書いてある。
絶対に裏があるのではないか。」

 

 

すみません。
1つだけお伝え忘れていたことがあります。
おっしゃる通り、私に講演会を依頼すると、
1つ大きなデメリットがあります。
それは、、、

 

 

ある方から、
とてつもないクレームを言われることです。

 

 

どんな方からクレームを言われるのか?
それは、、、

 

 

「講演会に参加したくなかった人」です。

 

 

たまにいますよね?
本当は行きたくないのに、
奥さんから「あなたも来なさい」と言われ、
仕方なく参加する旦那さん。

 

 

こういった方からは、
必ずクレームが来ます。
なぜなら、

 

 

「講演の最中、寝られないから」です。

 

 

嫌々講演会に参加する人は、
99%寝ようと思って会場に来ます。
しかし、私の講演会は体験型なので、
1秒たりとも寝ることができません。

 

 

だから、
講演会終了後のアンケートに、

 

 

「全員に体験を押し付けるのはおかしい」
「やりたくない人だっているはずだ」

 

 

と文句を書かれます。
これが、私に講演を依頼するデメリットです。

 

 

でも安心してください。
その割合は、平均2%です。
私の講演会の満足度が平均98%なのは、

 

  • 妻に無理やり連れてこられた夫
  • 夫に無理やり連れてこられた妻

 

のどちらかが、悪い評価を書くからです。

 

 

もちろん、
私はこういった人から満足されるために、
寝やすい講演会をするつもりはありません。
心の底から、

 

  • わが子の未来を明るくしたい
  • 子どもにとって最高の親になりたい

 

と思われる方に満足していただける、
講演をしています。

 

 

こういった理由から、
2%の方からは必ず文句を言われる、
ということを理解して、
私に講演を依頼していただければと思います。

 

 

もちろん、参加者の約98%の方からは、

 

  • こんな講演会初めて!
  • 本当に楽しかった!
  • 家に帰ってすぐに実践できそう!

 

と喜んでもらえるので、
あなたは大多数の方から感謝してもらえると思います。

 

 

 

参加者の満足度をさらに上げる2つの特典

 

 

 

特典

せっかくなので、
参加者の満足度をさらに高める、
2つの講演会実施特典を
付けさせていただきます。

 

 

こちらは任意なので、
必要なければなくしてもOK
です。

 

 

ただ、この特典は、
これまでにたくさんの組織で行った結果、
付けるだけで満足度が大幅に上がったため、
現在ほとんど組織でつけています。

 

特典@ 思春期の子育て小冊子プレゼント

前述したように、

私は現在、全国の小中学校や、
海外の日本人学校、学習塾、フリースクール
などに「思春期の子育て小冊子」を
無料で配る活動をしています。

 

参考までにこれまでに配布した部数は、
約6万部で、

 

  • 大阪府吹田市のPTA大会の参加者(1300部配布)
  • 大阪府岸和田市内の公立中学校(970部配布)
  • 大阪府池田市の全小中学校園(8000部配布)
  • 大阪府東大阪市の全小中学校園(34000部配布)
  • 横浜市戸塚区の全小中学校の保護者(17400部配布)
  • 千葉県内の公立小学校のPTA総会(600部配布)
  • オランダの日本人学校3校(約50部)
  • 徳島県の病院の育児相談外来(約10部)

 

などで配布させていただきました。
講演会は通常100分で行うのですが、
ここでお話しできる内容は、
私が伝えたいことのほんの一部です。

 

実際には、まだまだ伝えたいことが
たくさんあります。
小冊子にはそれらの内容もまとめています。

 

そこで、この小冊子を、
当日参加者の方にプレゼントします。
(もちろん、印刷費はこちらで負担します)

 

特典A 参加者から頂いた質問への回答動画

質疑応答動画

時間があれば、

講演会の後に質疑応答を行います。

 

ただこれまでの経験から、
たくさんの参加者がいる前で、
自分の子どもの相談をできる方は、
ほとんどいません。

 

周りにママ友がいたりすると、
まず、相談することはできないと思います。

 

そこで始めたのが、講演会参加後に、
オンラインで相談を送ってもらい、
動画で回答するフォローです。
流れは、以下のような形です。

 

専用フォームから相談を送る

レジュメの中に入れてある、参加者専用QRコードから、
現在の子育ての悩みを送っていただきます。
期日は、講演会終了後3日以内です。

 

※専用フォームは、LINEアプリ経由で送ります。

 

回答動画の撮影

集まった質問に対して、
私が回答をまとめた動画を撮影します。
それを相談者に送ります。

 

※動画はまとめて撮影して回答者全員に送るので、
プライバシーに配慮して、事実などは若干変える形で、
撮影します。

 

これで、講演会に参加したけど、
子育ての悩みが解決しなかったという方は、
ほとんどいなくなる
はずです。

 

 

参考までに、
現在私は1通1万円という、
ぼったくりのような費用を頂いて、
有料メール相談を行っています。

 

 

なぜここまで高い費用にしているのかというと、
これでもたくさんの相談が来るため、
値段を下げると回答が追い付かなくなるからです。

 

 

そういった価格を考えると、
こちらの特典を利用してくださった方は、
1万円くらいの価値を感じていただけるはずです。

 

フォーム

 

※10組に達し次第、自動的にキャンセル待ちフォームが開きます。

 

 

よくある質問

 

 

 

なぜ、予算フリーで行っているのですか?
子どもが喜ぶ子育て法をたくさんの方に伝えるためです。

 

現在私は、YouTube、メルマガ、ブログなどを通して、
子どもが喜ぶ子育て法をたくさんの方に伝えています。
ただ、インターネットを見ない方もたくさんいます。
そういった方には、伝えることができていないのが現状です。

 

 

PTA、学校、企業、女性ネットワーク様主催の講演会の場合、
普段私が伝えることができない方たちにも、
子どもが喜ぶ子育て法を伝えることができます。

 

 

そういった理由から、
利益度外視(むしろ赤字)で行っています。

 

講演会では何は販売されるのですか?
何も販売しません!

 

私の講演会は、商品説明会ではありません。
「続きは、有料の商品で」
みたいな非道徳な終わり方はしませんので、
ご安心ください。

 

 

むしろ、私が伝えていることは、
すでに、ブログ、YouTubeなどに、
全て無料で投稿していますので、
そちらを読んでいただければ、
ほとんどの悩みは解決できます。

 

 

ただ、最近私は高校受験に関する本を出版しました。
もし、会場や団体の規約的に問題なければ、
本の紹介や販売(当日会場でサインを書くことも可能)
を行わせていただけたら、この上ない喜びです。

 

 

※もちろん、会場や依頼団体の都合もあるので、
無理なら断っていただいて大丈夫です。

 

講演会の依頼は何年先まで可能でしょうか?
基本は1年前まででお願いします。

 

 

もちろん1000人規模の講演会となると、
会場を押さえるのが1年前なので、
それまでに講演者を押さえないといけません。

 

 

そういった場合は、
2年前に予約をいただいても大丈夫です。

 

道山先生の所属会社はどこですか?
株式会社アドベンチャーライフです。

 

愛知県名古屋市に事務所があります。
この会社は、私のような教育系の専門家を
プロデュースする会社です。私以外にも、

 

  • 幼児教育の専門家
  • 夫婦関係改善の専門家
  • 不登校解決の専門家
  • 料理の専門家

 

などが所属しています。
またそれを支えるサポートスタッフもいます。

 

 

きちんと法人化していて、
納税も顧問の税理士法人を通して行っていますので、
安心して依頼いただければと思います。

 

道山先生の年齢などを教えてください。
すみません、理由があって非公開にしています。

 

以前、「講演会の告知を新聞に掲載したいので、
年齢、出身学校、出身校などを教えてください」
と言われました。ただ、お断りさせていただきました。

 

 

これには理由があります。
私の講演会、メルマガ、ブログなどには、
過去の生徒たちの話がたくさん書いてあります。

 

 

私の年齢や出身学校などがわかると、
彼らが特定されてしまいます。

 

 

すると、彼らの生活に
悪影響出る可能性があるので、
現在は非公開にしています。
あらかじめご理解いただければ幸いです。

 

予算がたくさんある場合、どうしたらいいですか?
地域で小冊子を配っていただけると嬉しいです。

 

戸塚区名義小冊子

以前、横浜市戸塚区で講演会を行ったとき、

面白い相談をいただきました。

 

 

「うちは予算がたくさんあるので、
予算フリーでもたくさん払えます。
いくらお支払いしましょうか」

 

 

そこで私はこう答えました。

 

 

「金額はいくらでもいいですよ。
ただ、もし予算が余っているなら、
思春期の子育て小冊子を
横浜市戸塚区PTA協議会名義で印刷して、
地域の小中学校に配っていただけないでしょうか」

 

 

その結果、会長さんが了承してくださり、
予算の一部を小冊子の印刷代にしてくださりました。

 

 

そして、小冊子の表紙に
「講演会の告知」も入れたところ、
毎年300名ほどだった参加者が、
500名になりました。

 

 

もし予算が余っているなら、
こういった使い方をしていただけると、
非常に嬉しいです。

 

 

その他質問などあれば、
こちらのアドレスに送っていただければと思います。

 

電話番号:
※お問い合わせはメールでお願いいたします。
メールアドレス:

 

 

 

地域のママから感謝されます!

 

 

 

感謝

ここまで長い手紙を読んでくださり、
本当にありがとうございました。
最後に一つ、嬉しい出来事を紹介します。

 

 

講演会終了後に、
主催者の講演会担当の方から、
高確率でいただくメッセージがあります。

それは、

 

 

「道山先生を呼んだことで、
企画した私もたくさんの方から、
感謝されました。
本当にありがとうございました。」

 

 

という嬉しいメッセージです。
また、

 

 

「何でもっと早く呼んでくれなかったの。
あと1年早く呼んでくれたら、
うちの子の受験を成功させられたのに。
と叱られてしまいました(笑)」

 

 

というありがたいメッセージを
いただくこともあります。

こういった連絡を頂けると、
私も本当に嬉しいです。

 

 

なぜなら、
主催者の方が感謝されることこそ、
私ができる最大限の恩返しだと思うからです。
もしあなたの周りにも同じように、

 

  • 子育てで悩んでいる
  • 子どもの未来を明るくしたいと思っている

 

方がいたら、
私を呼んでいただくことで、
きっとたくさんの方から感謝されると思います。

 

役員

 

費用も予算内に確実の収まるので、
会計の方からも感謝されると思います。

 

 

なにより、レジュメの準備など、
こちらでもいろいろとサポートできるため、
講演会を主催する手間もかなり省けると思います。

 

 

その時間をお子さんのために使うことで、
あなたの家族も今よりさらに笑顔になると思います。

 

 

私はあなたの期待を絶対に裏切りません。
よかったら、私と一緒に、
地域の子どもたちの未来を明るくしましょう。

 

 

追伸1

この講演会でお伝えすることは、
「子どもが喜ぶ思春期の子育て法」です。

 

 

ただし、子育てというのは、
年齢が変わってもやり方は変わりません。
つまり、幼少期から大学生の子どもがいる方まで、
誰でも実践できる内容です。

 

 

参加者の中に、
思春期以外の子どもを持つ方いても、
確実に満足してもらえると思います。

 

 

(実際に、幼稚園児を持つ親の参加率も高いです)

 

 

追伸2

子どもの年齢が低ければ低いほど、
子育ては楽です。年齢が上がれば上がるほど、
子どもは言うことを聞かくなるので、
実践するのが難しくなります。

 

 

もしあなた自身も子育てに悩んでいたら、
できるだけ早く私の話を聞いて頂きたいです。
早ければ早いほど、お子さんの未来を明るくできるからです。

 

 

地域の子どもたちの未来を
明るくするのはもちろんです。

 

 

ただ、それ以上に主催者、
企画者であるあなたのお子さんの未来も、
今よりさらに明るくできるのがこの講演会です。

 

 

講演の前後では、役員の方の子育ての悩みを
聞くこともできますので、
一緒にお子さんの未来を明るくしましょう。

 

 

追伸3

もしあなたが、私に講演を依頼し、
地域の子どもたちの未来を明るくしたい
と思われたら、以下のステップで進めていただければと思います。

 

  1. 講演会の企画会議で私をプレゼンする
  2. 許可が下りたら、フォームから申請する
  3. 講演が決定したら、メールか電話で打ち合わせ
  4. 当日までに最低限の準備をする(わからないことがあれば相談に乗ります)
  5. 当日晴れるのを祈り、運営をする(わからないがあれば、手伝います)
  6. 参加者の方、会計の方、そしてあなたのお子さんから感謝される

 

すでに許可が下りていましたら、
まずは以下のフォームから、
決まっている内容を送っていただければと思います。

 

 

申し込みフォーム

依頼機関
講演内容(予定でもok)

道山ケイプロフィール

道山 ケイ

(みちやま けい)

 

 

思春期の子育てアドバイザー。

 

親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。
年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。

 

  • 反抗期が激しく親と食事すらとらない子が、5教科合計481点獲得
  • 不登校だった子が学校に行けるようになり、5教科合計462点獲得
  • 勉強嫌いでスマホ依存の子が次のテストで5教科合計113点UP

 

など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。
元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを
9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。

 

この体験から思春期子育て法を確立。
見た目が弟っぽく母親から絶大な人気があり、
定員220名の有料勉強会がすぐに満席になる。

 

プライバシーポリシー 運営者情報

 

>>道山と一緒に講演会を成功させる